第2期中小企業デジタル化応援隊の新規登録受付が開始されました

最新情報
  1. ホーム
  2. 最新情報
  3. 第2期中小企業デジタル化応援隊の新規登録受付が開始されました
カワセミデザイン舎

【第2期 中小企業デジタル化応援隊】の、新規受付が開始されました。

ITの専門家に1時間あたり500円以上で相談することができます。

第2期中小企業デジタル化応援隊事業とは

昨年度より始まった【中小企業デジタル化応援隊】は、デジタル化・IT活用にお悩みの中小企業・個人事業主様に、IT専門家がスキルを活かしてサポートする制度です。中小企業・個人事業主様の実費負担は最低500円/時間(税込)でIT専門家のコンサルティングを受けることが可能です。

公式サイトはこちら ⇒ https://digitalization-support.jp/

中小企業デジタル化応援隊はこんな方におすすめです

  • デジタル化やIT活用といってもどこから手を付ければ良いのかわからない中小企業・個人事業主様
  • ホームページやオンラインショップ構築で専門家からのアドバイスが欲しい方

中小企業デジタル化応援隊の対象

  • ホームページ構築
  • EC構築(オンラインショップ・ネットショップ)
  • キャッシュレス
  • テレワーク
  • デジタルマーケティング
  • 問い合わせ効率化
  • グループウェア導入
  • クラウド会計
  • 電子契約
  • セキュリティ強化
  • RPA導入推進
  • 社内研修デジタル化
  • クラウド(SaaS活用)
  • 顧客情報管理(CRM)

カワセミデザイン舎ではホームページ構築/EC構築/キャッシュレス/テレワーク/デジタルマーケティングのご支援が可能です。その他項目も初歩的なご支援は可能ですのでご相談ください。

中小企業デジタル化応援隊のメリット

中小企業・個人事業主様は最低500円/時間(税込)以上のご負担でリーズナブルにIT専門家の支援を受けられます。これは、支援提供を行ったIT専門家に対して最大3,500円/時間(税込)の謝金が事務局から支払われるためです。

また、他の補助金との併用も可能です。例えば中小企業デジタル化応援隊でコンサルティングを受け、小規模事業者持続化補助金で制作依頼することで、従来の補助金の金額内ではできなかった事業に着手することができます。

中小企業119(旧ミラサポ)と異なり、支援を依頼するIT専門家を直接指定することができ、その専門家にそのまま制作依頼することが認められています。支援してもらいたいIT専門家が決まっている場合は、中小企業119より中小企業デジタル化応援隊を利用する方が良いでしょう。

例:4,000円/時間単価(税込)のIT専門家と40時間の支援を内容とする準委任契約を締結した場合、中小企業等の費用負担は500円(税込)×40時間=20,000円(税込)、専門家への謝金額は140,000円(税込)

中小企業デジタル化応援隊の注意点

基本的にはコンサルティング等の支援が対象です。コンテンツ制作やデザイン等の実作業が発生する場合は別途発注しなければならず、その分の費用は出ません。ただし、小規模事業者持続化補助金や小規模事業者持続化補助金など、別の補助金を利用することは可能です。うまく併用して費用を最小限に抑えることができます。

中小企業デジタル化応援隊事業の期間

  • 登録受付期限:2021年9月30日(木) まで
  • 支援計画に関する契約締結の期限:2021年11月30日(金)まで

中小企業デジタル化応援隊を活用してお得にホームページやネットショップを作りましょう!

支援はオンライン、または対面でも可能です。徳島県の方はぜひカワセミデザイン舎をご指定ください!全国からも受け付けております!

ご登録はこちら ⇒ https://digitalization-support.jp/

\ Follow me /