作って終わり』ではない、成果を追い求めるウェブサイトをご提案します

『キレイなホームページを作ること』『想いをカタチにすること』それだけがWebサイトの目的でしょうか?

名刺代わりのホームページが決して悪いわけではありません。ただ、見た目を良くしただけではホームページを見てくれる方が増えるわけではないのです。

『どうしたらホームページを見てもらえるか?』『だれにホームページを見てほしいか?』を考えなければなりません。

そのためには、定期的に情報発信し続けることが重要です。地道に情報ページを追加していくことがSEOにも有効で、検索されやすくなり徐々にホームページへのアクセスが増え、お問い合わせや商談・商品購入も増加が見込めます。

上手くいけばホームページがお客様の代わりに、お問い合わせや商品購入を24時間365日受け付けてくれます。

そのためには、お客様のご協力が必要です。ホームページの本当の目的をお客さまともに考えて、ターゲットとなるエンドユーザーさんに響くような、効果的なウェブサイトの構成を目指します。

『作ること』をゴールにするのではなく、その先の『成果』を狙ったホームページを制作いたします。

成果のあるウェブサイトを構築するために

成果を狙うには『作った後』の情報発信が最も重要です。

会社案内やサービス・商品・プレスリリースなどの情報(コンテンツ)を定期的に発信することで、GoogleやSNSで検索されやすくなりブランド認知も向上します。既に知ってもらった状態でのお問い合わせは、商談に繋がりやすくなります。このような仕組みを作るには、コンテンツを効率よく管理・更新しなければなりません。

そこで、CMS(コンテンツ管理システム)という、コンテンツの編集が比較的容易なシステムを利用します。これによって効率よく情報発信することができ、お客さまご自身でも更新が可能になります。

カワセミデザイン舎は、そのCMSの中でも世界トップシェアの『WordPress』によるホームページ制作を得意としています。

また、前述と矛盾しますがデザインによって成果が左右されることもあります。例えば、お問い合わせボタンの配置や配色によって、ボタンの押される確率が変わってきます。

カワセミデザイン舎は、20年以上のデザイン経験とウェブ解析士の知見によって、適切なクリエイティブで成果を支援いたします。

キレイでかつ成果を出す、そんなホームページを一緒に育てていきましょう。

対象

コーポレートサイト、オウンドメディア、キャンペーンサイトなど 各種WEBサービス