1. ホーム
  2. お知らせ
  3. オンライン会議ツール『Zoom』の脆弱性とその対応について

先日、オンラインミーティングのツールとして『Zoom』をオススメしましたが、直後に重大な脆弱性が指摘されました。

しかしわずか1日で修正されました。

オンライン会議ツールを提供しているZoomは1日(現地時間)、ZoomのWindowsクライアントを介してUNC(Universal Naming Convention)パスを使用するさいに、Windowsの認証情報が盗まれてしまう脆弱性を修正したと発表した。

アプリを最新版にアップデートすることで解消されますので、Zoomをインストールされている方は早急にアップデートをお願いします。

コロナ対策でZoomユーザーが急激に増えたことで悪意ある人の攻撃対象になってしまったようですが、それにしても

 同社創業者兼CEOであるEric S. Yuan氏が投稿したブログによれば、2019年12月末時点で、Zoom上で行なわれた1日の会議参加者数は最大で約1,000万人だったが、新型コロナウイルスによる影響で在宅勤務が進むなか、2020年3月時点で1日の会議参加者数は2億人へと急激に膨れ上がったという。

3ヶ月で約1,000万人→2億人というのもすごいですね…

それでも不安な方にはSkypeやFaceTimeなどの使用をオススメします。

各種ツールのトラブルや対策については随時発信していきます。

今後とも、よろしくお願いいたします。

\ Follow me /